« 2011年10月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年4月

ゆめ

ひさびさに、SFサスペンス超大作を見ました(夢)。

まわりの人たちが知らない間に宇宙人にすりかわっていくという、あこがれの設定。
いや実際にそんなことになったら、パニックですけど。


寝起き間際の超大作はすごくキケンで(寝坊的に)、目覚ましの音も、よい具合に夢内の警報ブザーとしてしっくりと鳴り響き、すこし経って起きた瞬間、自分がどこにいるのかも、そして誰かも、本当にわかりませんでした。

崖をターザンみたいに行き来したり、家の中が古い古い迷路のような豪邸だったり、とってもおもしろかったので、書きとめておこうと思うんですけど…夢って、細かく思い出そうとすると、つじつまがあわなくなって消えていってしまうんですよね。
なにかコツって、あるんでしょうか…。

Uchuujin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年6月 »